秋田県議会議員 柴田正敏の公式ブログ 柴田正敏、最後のインタビュー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、4月1日は、秋田県議会議員選挙の告示日である。

次の選挙は、いよいよネット選挙解禁かといわれていたが、今回も解禁にはならなかった。

従って、告示以降は更新が出来ないので、今日が最後の更新となる。



そして、
柴田正敏に最後のインタビューを試みた。


「今日が最後になるので、皆さんにメッセージを発信して下さい。また、決意表明でもいいですが?」というと、柴田正敏はこう言った。「今回の震災で被災され、避難所にいる方達には、食べるものも満足にいきわたっていない。しかも、毎日増え続ける犠牲者、原発の恐怖が解決されていない状況で、選挙のためのメッセージと言われても簡単に出てこないなあ。」といつになく困った顔で、カメラの前に座った。



今回のこの大震災により、比較的被害が少なかった秋田県が果たすべき役割は非常に大きい。

もっとも被害が大きかった宮城県、岩手県に隣接しているわが県は、安全な食の提供や流通の拠点となっていくことだろう。

これを機会に日本経済の流れや生活の様式も変わっていくことになると思うが、変わらないのは人の心である。

共に助け合って、東日本復興の一助になればと考える。



地震が来る前は、毎日が災害のような豪雪に泣かされてきた。

雪融けと共に果樹園などの雪害も目立ってきた。

中には壊滅的なりんご農家も見受けられる。

未曾有の震災後、遠慮から声を出せずにいる横手市果樹農家もいるが、こちらもまた命がかかっているのでほっといてはいられない。

一体、地球はどうなっているんだろうと恨み言のひとつも言いたいが、そんなことを言っていられないのが政治家の使命である。

柴田正敏には、そんな県民の声をしっかり受け止めて、きっちり解決する県会議員になって欲しい。

いよいよ明日、熱戦の火蓋が切って落とされる。

DSCF1790.jpg

DSCF1793.jpg

DSCF1794.jpg
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  トップページ
  柴田正敏プロフィール
  柴田正敏活動報告
  柴田正敏スケジュール
  柴田正敏後援会案内




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。