秋田県議会議員 柴田正敏の公式ブログ 地域の話題
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋が終わり、冬が本番を迎えました。

天気予報によると3日連続の雪だそうです。
暑い夏が過ぎ、そして秋がきて、あっという間に冬になりました。
四季の移り変わりはとても早いものです。

さて、減反廃止の方針が出されました。
減反がなくなれば過剰作付になり、米価が下落してしまいます。
まだ減反廃止が決定されたわけではありませんが、
もし廃止となっても農家の負担を抑えるような
対応を検討していかなければなりません。

また、2014年産米についても在庫急増のため大幅削減するという
ニュースも出ています。これらの課題に対し、
一農業議員として尽力していきます。

スポンサーサイト
5月2日に娘夫婦と孫が連休を使って遊びに来ました。私たち夫婦と母親の3人所帯には願ってもないお客様でした。今2歳の孫は見るたびにかわっていくのがよくわかり会うのがとても楽しみです。時間を作ってまた会いたいと思います。

5月になりましたが毎日が寒く、なかなか桜が咲きません。
また、稲の苗も順調に育ちません。

田植えがいつもの年のように5月20日頃からできるのか心配です。

 米どころ秋田もほとんどの田んぼで稲刈りが終わり、
暑い夏を過ごした稲がどんな米を稔らせたのか興味の
あるところです。あの暑い最中、田んぼにどれだけ
水を入れることができたかが収量と品質に関係した
ものと思われます。夏以降の日照時間には問題なかった
わけですから尚更です。

 稲作農家からすれば、すぐれたおいしいお米がとれて
消費者に喜ばれて、米価もそこそこに高いのが望みです。

お盆になり、わが家でもお墓参りに行ってきました。
また、娘や孫も帰省し、とてもにぎやかです。

これまで暑い暑い毎日が続きましたが、少し落ち着いてきました。

テレビ・新聞を見ると、政局が近々あるようなニュースも流れますが、
どうなろうとも国民の幸福を考える政治にしなければいけないと思います。

今年(2012年)の田植え、第1日目。

遅くまでかかりましたが、2.8ha作付けしました。

今年は植え付け姿勢も良く、順調な成育が期待出来そうです!!

田植えの様子

連日の晴天で大雪はやっと落ち着いたようですが、実はこれから大変なところが沢山あります。

今日は平鹿町のりんご農家から被害状況を教えていただきました。

写真は、これから育とうとしている若木ですが、ところどころ枝が折れ、このままでは雪解けとともにせっかく育った木が枯れてしまいます。

そこで井戸水で木の周りを融雪している写真です。

一本一本融かしていくのですから大変です。


▼枝が折れている状況
DVC00479.jpg

▼井戸水で融雪している
DVC00531.jpg

大きなりんごの木は、完全に埋もれている状況も珍しくなく、雪融け前に枝堀りをしておかないと、やはり枝が折れてしまい壊滅的な被害がもたらされます。

融雪剤を撒いたり、様々なことをしながら、雪との格闘が続いているようですが、今年は例年に比べ、枝を掘っている姿が少ないといいます。

なぜなら、高齢化になっている果樹農家は、体力が追いつかないこともあり、これをきっかけに果樹栽培から撤退を考えているようだというのです。

まだ被害額は明確に出ていないようですが、今冬の豪雪は、あちらこちらに大きな爪跡を残しました。

中央政権は農業を見放そうとしているようですが、このような窮状から秋田県が目をそらすわけにはいきません。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース


横手市増田町は、早い段階から流雪溝の水が出なくなり、町の機能が麻痺した状態が続いております。

町の中に入ると車の交差が出来ないなど、普段の生活にも支障をきたすようになってきました。

とにかく、これが現在の状況かと疑いたくなるような悪路で、一昔前の映像を見ているような気分になります。

やっと、天気は落ち着いてきた感じがありますが、温度が上がると益々危険な状態になるのではないかと心配になってしまいます。

増田町から最新の情報が入りましたのでお届けしております。


撮影取材:ミスターC

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース


Image060.jpg

Image067_20110212115726.jpg

Image061.jpg

2月11日、横手市大雄阿気地区、兜台神社境内で雪中田植えとドント焼きが行われました。

雪中田植えとは本来各家の庭先で、我が家の豊作を祈願して行われるものですが、阿気地区では毎年地域の五穀豊穣や家内安全などを願い、神社境内で行います。

一方ドント焼きは、古いお札やお守りなどをご祈祷してから焼いて処分するもので、今では珍しい行事となりました。

祈祷料は300円ですが、お汁粉やお餅などが振舞われ、遠くから来る方もいて大変にぎわいます。

山盛りになった古いお札に火をつけた後、その火で餅を炙って食べると1年間病気をしないなどの言い伝えがあり、縁起を担いでか年々持ち込みする方が増えております。

今年は豪雪で開催すら危ぶまれましたが、カメラマンが見守る中、無事に小正月行事が終了しました。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
  トップページ
  柴田正敏プロフィール
  柴田正敏活動報告
  柴田正敏スケジュール
  柴田正敏後援会案内




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。