秋田県議会議員 柴田正敏の公式ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日3月31日は初午の日です。
高畑青年会の方々や商工会の方々が恵比寿俵を携えて
後援会事務所を訪ねて下さいました。


image_20150331121834297.jpg

スポンサーサイト
後援会事務所に一足先に春がやってきました。
満開の時期が待ち遠しいですね。

image.jpg

福地公民館にて座談会を開催しました。

30名近い皆様にご出席いただきました。
県政報告に加え、子育てや農業問題といった課題について
議論しました。

また、塩田幹事長より後援会活動の経過報告と
今後の日程の説明を行いました。

質疑応答では農協改革についても質問が出ました。

2月24日(月)、平成26年第1回定例会(2月議会)で
代表質問を行いました。

秋田県議会のホームページで代表質問の様子が
動画で公開されています。ぜひご覧ください。

※リンクをクリックすると動画が再生されます。
http://gikai.pref.akita.lg.jp/movie/260224shibata.asx

また、質問内容はこちらです。

一、新プランにおける「県土の保全と防災力強化」の
  位置づけについて
二、再生可能エネルギー関連産業の振興と雇用創出について
三、米の生産調整問題について
四、観光・交通戦略について
 1、外国人観光客の誘致促進について
 2、韓国との国際定期便について
 3、スポーツ振興について
五、医師不足問題について
六、大学進学を目指す高校生の学習成果の向上について
七、人口減少社会に対応した生活排水処理施設の整備について
八、雪対策について

新年おめでとうございます。

2013年はアベノミクスで騒がれた1年でした。年末は円安・株高で
推移しましたが、2014年は4月から消費税率の3%アップ・TPP
交渉の結果いかんなど課題は山積みしております。

私達はこれらを一つ一つクリアしながら進んでいかなければと思って
おります。頑張りましょう。

秋が終わり、冬が本番を迎えました。

天気予報によると3日連続の雪だそうです。
暑い夏が過ぎ、そして秋がきて、あっという間に冬になりました。
四季の移り変わりはとても早いものです。

さて、減反廃止の方針が出されました。
減反がなくなれば過剰作付になり、米価が下落してしまいます。
まだ減反廃止が決定されたわけではありませんが、
もし廃止となっても農家の負担を抑えるような
対応を検討していかなければなりません。

また、2014年産米についても在庫急増のため大幅削減するという
ニュースも出ています。これらの課題に対し、
一農業議員として尽力していきます。

6月定例議会において12~14日まで一般質問が行われました。
様々な意見の中で、目立ったものが少子化対策とTPPでした。

ある発表では2040年の秋田県の人口は70万人を
下回るのではないかと言われております。
少子高齢化が進むこととなります。
その結果、商工業(企業)の活動が難しくなっていきます。
地元企業からの税収や地方交付税(人口により増減する可能性が
ある)の中で県民の皆様へ十分な公共サービスができるのか
懸念されます。

TPPでは主要5種目については関与しないといった話も
出ていますが、果たしてそうなのか、農家としてはとても
心配な問題であります。
また皆保険(国民全員が入る保険制度)が将来的に無くなったと
すれば低所得者は必要な医療を受けにくくなる可能性も
出てきます。

今議会は今月28日まで開催しています。

5月2日に娘夫婦と孫が連休を使って遊びに来ました。私たち夫婦と母親の3人所帯には願ってもないお客様でした。今2歳の孫は見るたびにかわっていくのがよくわかり会うのがとても楽しみです。時間を作ってまた会いたいと思います。

5月になりましたが毎日が寒く、なかなか桜が咲きません。
また、稲の苗も順調に育ちません。

田植えがいつもの年のように5月20日頃からできるのか心配です。

事務局からのお知らせです。

平成25年第1回定例会(2月13日)にて
柴田正敏が一般質問を行いました。

質問や佐竹知事の答弁の様子が秋田県議会ホームページにて
公開されております。皆様ぜひご覧ください。

・秋田県議会 本会議録画中継
http://gikai.pref.akita.lg.jp/repo_movie_honkaigi.phtml
※平成25年第1回定例会>2月13日(水)>柴田 正敏(自民党)の
※リンクをクリックしてください。動画が再生されます。

【一般質問の主な項目】
1.高齢者対策について
 (1)高齢者の雪対策について
 (2)高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすための施策について
 (3)社会保障制度に関する教育について
2.医師不足問題について
3.農業問題について
 (1)担い手確保について
 (2)本県農業が競争力と供給力を備えるための施策について
4.経済雇用対策について
5.その他

※引用元(2013/2/20現在):
http://gikai.pref.akita.lg.jp/dai-h2502.phtml

震源は地震活動が活発。今後は余震も多いと思われます。この地震による22時現在の日本に到達した津波の高さは40cmです。

中国海軍艦が海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに照射した「火器管制レーダー」は艦砲やミサイルを発射する直前に、目標の位置や速度を正確につかむために使用されます。

1月14日、今日は成人の日。成人の日を迎えられた皆さん、おめでとうございます。還暦を過ぎた私から見れば、いよいよこれからだなと勇躍とされているとでしょう。子供のころは1年がとても長ったように思います。お盆とお正月には親戚の皆さんからおこずかいをいただくのが楽しみでした。今では1日があっという間に過ぎてしまいます。成人の日を迎えられた皆さん、充実した毎日を送ってください。


毎日のように降る雪に最近では呆れています。これでは3年連続の大雪は間違いないのではと言われてきました。冬は大雪夏は猛暑となれば、これは地球温暖化の表れなのでしょうか。わが家でも一回目の雪下ろしを一昨日行いました。二回目三回目は無にしてほしいものです。

今年も残り数時間となりました。
今年は様々なことがありましたが、また来年も頑張ってまいります。

それでは、よいお年をお過ごしください。

第一級の寒波見舞われ「極寒」という言葉がぴったりだった昨日の県内。視界を奪う横殴りの猛吹雪。一寸先が見えず、交通機関は乱れ、凍てつく寒さに震え上がりました。また昨日は安倍内閣が発足しました。当日行った記者会見のポイントは1、デフレ脱却が政権の使命。大型の2012年度補正予算を編成。1、全閣僚に経済再生、復興、危機管理に全力を挙げるよう指示。復興加速へ国が前面に立つ。1、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を推進。一日も早く結果を出し国民の信頼を得る。1、日米同盟をあらためて強化することが外交立て直しの第一歩。人物重視、実力重視で人事。1、環太平洋連携協定(tpp)は十分な情報を得て分析してから検討。

12月17日付の秋田魁新報によると第46回衆院選は16日に投票、即日開票されました。自民、公明両党は合わせて320の議席(過半数241)を獲得し、約3年3か月ぶりに政権奪還を果たしました。秋田県の3小選挙区は、前回2009年に議席を独占した民主党が全敗、自民党の3候補が当選しました。比例東北では、維新の秋田県候補が復活当選をしました。衆議院ではこの4人が力を合わせて秋田県のためにがんばってくれるものと思っています。

今年は12月としては大雪です。今月中にどれだけ降るのか心配です。春には爆弾低気圧があり夏は大変な暑さと晴天が続きました。近年は温暖化のせいか観測史上初めてとか何番目とか言われることが珍しくなくなりました。さて明後日16日は衆議院議員の投票日です。当選された皆さんには地域と国とそこに暮らす人々のために頑張ってほしいと思います。

12月16日は衆議院選挙の投票日。民主党や自民党などの既成政党だけでなく維新の会のような新しい政党が次々と今度の選挙に参加します。国民のため国政であることを願いつつ。

雪国秋田も12月1日から降り続いた雪で翌朝は真白になりました。
いよいよ春の雪解けまで長い冬を迎えました。
色づいた秋の葉が落ち始めると、冬支度の始まりです。
こういった雪国ならではの冬の過ごし方がありますね・・・

さあ!寒さに負けず頑張りましょう!!

  トップページ
  柴田正敏プロフィール
  柴田正敏活動報告
  柴田正敏スケジュール
  柴田正敏後援会案内




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。